自己破産とはどんな債務整理?デメリットも紹介

自己破産という言葉をなんとなく耳にしたことがある人は多いと思いますが、具体的に自己破産とはどのようなことを指しているのか、詳しく知っている人は意外と少ないかもしれません。

自己破産とは借金を整理するために行う債務整理の一つで、財産を処分する代わりに借金を返さなくてよくなる手続きです。

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産をほとんどすべて処分する代わりに借金の返済義務自体をすべて免除としてもらう債務整理の手続きです。

自己破産では20万円以上の価値がある財産は処分されますが、99万円以下の現金と衣類や寝具、家具や家電といった生活必需品は「自由財産」として手元に残すことが認められています。

「自己破産をすると一文無しになる」「自己破産は人生の終わりだ」といった言い方は正しくありません。自己破産は、経済的に困った人が人生の再スタートを切るための正式な手続きなのです。

自己破産のデメリットとは?

自己破産では借金の返済をしなくてよくなるという大きなメリットがある代わりに、デメリットもいくつかあります。

上述のとおり、財産を処分しなければならないこともデメリットの一つです。

また、保証人付きの借金がある人が自己破産をすると、元本を一括返済するよう保証人に請求がいき、大きな迷惑をかけることになります。

加えて、自己破産の手続き中は弁護士・司法書士・税理士・会計士などの士業、建設業、金融業、風俗業、警備員など、一部の職業に就けなくなるという制限がかかります。一般的な事務を行う会社員であれば関係ないことが多いですが、自己破産をするときは自分の職業が制限の対象でないか弁護士などに一度確認しておきましょう。

さらに、債務整理に共通のデメリットとしてブラックリストに載るというものがあります。自己破産の場合は約5~10年間ブラックリストに載るため、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングなどでの借金、スマホなどの分割払いでの購入、保証人になること、信販系の保証会社を利用することができないといった制限がかかります。

まとめ

自己破産では、財産を処分することになりますが、借金を返す義務を無くしてもらうことができます。財産を処分するとはいえ、生活に必要な最低限のお金やモノは残すことができるので、一文無しにはなりません。

その代わり、自己破産すると手続き中に職業上の制限を受ける、保証人に迷惑がかかる、ブラックリストに載るといったデメリットもあります。他の債務整理と比べてデメリットは大きめなので、まずは任意整理や個人再生ができないか検討してから自己破産を考えるのがよいでしょう。

仙台で自己破産を検討中の方はこちら