自己破産したらアパートは退去させられる?契約時の注意点も

自己破産にともなって自宅がなくなるためアパートに引っ越さなければならない人や、現在アパートに住んでいて自己破産したいという人は、自己破産することでアパート契約が不利にならないか心配かもしれません。

ここでは、自己破産したせいでアパートを退去させられることはあるのか、自己破産した後のアパート契約で気を付けるべきことは何かといったことを説明していきます。

自己破産するとアパートを退去させられる?

自己破産をしたからといって、今住んでいるアパートを退去させられることはありません。

まず、自己破産をしたということは自分から話さない限り大家などに知られることがありません

自己破産すると国の新聞ともいえる「官報」という文書に住所氏名などの情報が載りますが、官報を毎日隅々まで読んでいる人はまずいないので、官報から自己破産が大家などにバレる可能性は極めて低いです。

自己破産すると「信用情報機関」という、お金を貸す会社が加盟している機関にも情報が登録されますが、信用情報機関の情報は銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社しか見ることができないので、ここから大家に自己破産がバレるということもありえません。

また、もし大家に自己破産がバレたとしても、それだけではアパートを退去させられる正当な理由にはなりません

むしろ、自己破産せずに家賃を滞納し続ける方がアパートを退去させられる原因となってしまうので、借金で経済状態が悪化している人は早めに自己破産を決断したほうがいいともいえます。

自己破産後のアパート契約で気を付けること

自己破産後に新規でアパートを借りる場合でも、自己破産したことそのものを理由として断られる可能性はほぼありません。

ただし、契約の際にライフやアプラス、オリコなど信販系と呼ばれる家賃保証会社を利用した場合は、審査に落ちることがあります

信販系の保証会社はクレジットカード事業なども行っているため、信用情報機関の情報を見ているから審査に落ちやすいと言われているのです。

もし本当に審査に落ちてしまう場合は、不動産会社などに相談して信販系以外の家賃保証会社を利用できる物件を紹介してもらうとよいでしょう。

まとめ

自己破産したということが大家にバレる可能性はかなり低いですし、バレたとしてもアパートを退去させられる正当な理由にはなりません。

自己破産後に新規でアパート契約をする場合でも断られることはまずありませんが、信販系の保証会社を利用すると審査に落ちる可能性があります。

その場合は、信販系以外の保証会社を紹介してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です