自己破産したら交通事故の相手に損害賠償を払わなくて済む?

交通事故を起こして損害賠償が払えないという理由で自己破産した場合、相手に賠償金を払わずに済むのかという問題は気になるところでしょう。

交通事故の損害賠償が事故破産で免除されるかどうかは、場合によって異なります。

ここでは、相手への損害賠償が免除される場合とされない場合について説明していきます。

自己破産で交通事故の相手への賠償金が免除される場合とは?

自己破産では基本的にはすべての支払義務が免除されますが、「非免責債権」と呼ばれる支払義務だけは免除してもらうことができません。

非免責債権にあたる支払いとは、自己破産をする本人が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償と、故意または重大な過失によって人の生命や身体に危害を加えた場合の損害賠償です。

自己破産で相手への損害賠償が非免責債権になるかどうか

それでは、交通事故の損害賠償が非免責債権にあたるかどうか考えてみましょう。

まず、悪意で加えた不法行為にあたる交通事故というのはかなりまれです。

過失で発生してしまった事故は悪意によるものではないので、この条件には当てはまらないでしょう。

次に、故意または重大な過失による交通事故かどうかが問われますが、これに当てはまるのは飲酒運転や無免許運転、危険運転致死傷罪にあたるような危険運転などです。

ただし、事故の状況によってはこれ以外のものが重大な過失とみなされる場合もあります

なお、物損の場合は人の生命や身体への危害ではないので、非免責債権にはなりません。

つまり、悪意で事故を起こした場合や、飲酒運転・無免許運転・危険運転といった重大な過失の場合を除けば、交通事故による損害賠償も自己破産で免除してもらえる可能性は十分にあるということです。

起こした事故の損害賠償が非免責債権にあたるかどうかは、弁護士など法律の専門家に聞いた方が確実なところがあるので、不安な場合はぜひ相談してみてください。

まとめ

自己破産をした場合はほとんどすべての支払義務が免除されますが、免除してもらえない非免責債権という支払いもあります。

事故が悪意によるものや故意または重大な過失によって人の生命や身体に危害を加えた結果となったものである場合、交通事故の相手への損害賠償は非免責債権に含まれるため、免除してもらえません。

しかし、一般的な事故であれば上記の条件には当てはまらないため、相手への損害賠償が自己破産で免除してもらえる可能性は十分にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です