お金を貸した相手が自己破産したら?絶対にNGな2つの対応

自分がお金を貸した相手が自己破産した場合、借金を返してもらえるのかどうかは気になるところでしょう。

結論から言うと、相手が自己破産したときに貸したお金を返してもらえる可能性は極めて低いです。

逆に、下手な対応を取ると自分が罪に問われるおそれもあるので、注意してください。

自己破産されると相手の返済義務はほとんどすべて免除される

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金の返済や支払いの義務をほとんどすべて免除してもらうという形の債務整理です。

つまり、相手が自己破産した場合、自分が貸したお金を全額返してもらうのはほぼ不可能だと考えたほうがよいでしょう。

自己破産で支払義務を免除してもらうことを「免責」といいますが、免責されない支払義務としては税金・社会保険料・賠償金・養育費・罰金などがあたります。

個人の借金は免責されない支払義務には含まれていません。

相手が自己破産したときに絶対にやってはいけない2つの対応

自己破産の重要なルールとして、「すべての借金を平等に扱わなければならない」というものが厳しく適用されます。

裁判所に内緒で自分が貸したお金だけを返してもらうという行為はこのルールに違反するため、「詐欺破産罪」という重い罪に問われる可能性があります。

また、自己破産を終えた後の相手に無理やり借金の返済を迫るのも、破産法275条で禁止されています。

仮に相手が「申し訳ないからできる範囲で返していきたい」と自発的にお金を返すことにしたら問題はないのですが、自分から返済を迫ることはできないと考えてください。

お金を貸した相手が自己破産した場合、受け取れるのは相手の財産を処分した結果として発生する配当金だけです。

そのため、お金を貸す段階で、相手に返済能力があるかどうかをきちんと見極めることが重要だといえるでしょう。

まとめ

自己破産では、財産を処分する代わりに借金などの支払義務がほぼすべて免除されます。

そのため、相手が自己破産した場合、自分が貸したお金はまず返してもらえないと思った方がよいでしょう。

自己破産では「すべての借金を平等に扱うこと」というルールが厳格に適用されるので、こっそり自分の借金だけを返してもらう行為は重い罪にあたります。

また、自己破産した後の人に無理やり借金の返済を迫るのも犯罪行為です。

相手が自己破産した場合は、財産の処分で発生した配当金しか受け取れません。自己破産の後で相手が自発的に借金を返すという行為は違法ではありませんが、可能性は極めて低いと思っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です