自己破産後もアパートに住めるケースと住めないケース

自己破産したいという人にとって、今住んでいるアパートに住み続けられるか、追い出されるかはかなり気になるところでしょう。

結論からいうと、自己破産後は元のアパートに住み続けられるケースとアパートを追い出されるケースがあります。

そのカギとなるのが、家賃を滞納しているかどうかです。

自己破産後もアパートに住めるケース

自己破産とアパートの賃貸契約には通常何の関係もありませんので、自己破産をした後も基本的には元のアパートに住み続けることができます。

アパートの賃貸契約の内容に「自己破産した場合は退去すること」という旨の記述があれば自己破産を理由としてアパートを追い出されることになりますが、そういった内容の契約はまずありません。

また、自己破産すると「信用情報機関」に自己破産の情報が登録されるからアパートを追い出されるという心配をする人もいますが、信用情報機関の情報を見ることができるのは銀行・クレジットカード会社・消費者金融だけなので、信用情報機関から不動産会社や大家に自己破産の情報が伝わることはありません。

自己破産後アパートに住めなくなるケース

自己破産後に元のアパートに住めなくなるケースは、アパートの家賃を滞納していた場合です。

アパートの家賃を滞納した状態で自己破産をすると、家賃は支払わなくていい「免責債権」という扱いになるので、滞納した家賃は他の借金と同様、払う必要がなくなります。

しかし、アパートの家賃を支払っていないという状態が変わるわけではないので、「家賃を支払わなかった」という理由でアパートを追い出されることになる可能性は高いです。

ただし、滞納したアパートの家賃だけを支払うという行為は、「すべての借金を平等に熱々買わなければならない」という自己破産のルールに反することになるので、必ず弁護士などに相談してください。

まとめ

自己破産とアパートの賃貸契約には特に関係がない場合がほとんどなので、単に自己破産をしたからといってアパートを追い出されることにはなりません。

自己破産すると情報が登録される信用情報機関の情報も、不動産会社や大家は見ることができないため、自己破産したということが知られる可能性は低いです。

一方、アパートの家賃を滞納していた場合は、自己破産することで滞納していた家賃の支払義務がなくなります。

アパートの貸主にとっては家賃を踏み倒されたことになるので、滞納していた家賃を支払わなかったという理由でアパートを追い出される可能性は高いでしょう。

ただし、滞納していた家賃だけを支払う行為は自己破産の手続き上リスクが高いので、必ず弁護士などに相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です