自己破産の流れは同時廃止と管財事件の2種類がある

自己破産の流れを調べてみたものの、「同時廃止」と「管財事件」というのがよくわからなかったという人は結構いるのではないでしょうか。

同時廃止と管財事件はどちらも自己破産の手続きの名前で、財産の有無によって取る手続きが変わります。管財事件だと、破産管財人が付いたりするので同時廃止よりも少し手続きが長くなります。

自己破産の流れは同時廃止か管財事件かで異なる

自己破産では、特に財産を持っていない人は「同時廃止」、20万円以上の財産を持っている人は「管財事件」という手続きを選ぶことになります。

同時廃止と管財事件では、破産管財人が選ばれるかどうかなど、手続きの流れに違いがあります。

同時廃止で自己破産を行うときの流れ

まず、弁護士や司法書士と事前相談を行い、自己破産の申し立てに必要な書類を集めたり、申立書などの提出書類を作成したりします。

準備が整ったら、裁判所に申立書を提出します。その後、「審尋」とよばれる裁判官との面接を1~2回程度行います(ここの流れは裁判所によって違います)

審尋が終わると、破産手続き開始決定と免責許可決定が同時に出されます。これで自己破産の手続きは終了となり、借金の返済義務が免除されます。

管財事件で自己破産を行うときの流れ

管財事件では、裁判所に申し立てを行うと、財産の処分などを担当する「破産管財人」が選出され、破産管財人との打ち合わせに行く必要があります。また、破産管財人に支払う予納金も必要になります。

打ち合わせ後は、裁判所で「債権者集会」というものが何度か開かれます。債権者とはお金を貸した人のことで、債権者集会は通常1~2回、財産が多い場合などは2カ月に1回程度の頻度で開かれます。

債権者集会が終わると免責許可決定が出され、借金の返済義務が免除となります。

なお、裁判所によっては、財産が多額でない人向けに、管財事件の手続きをよりコンパクトにした少額管財という手続きが用意されていることもあります。

まとめ

自己破産では、20万円以上の財産がある人は管財事件、ない人は同時廃止の手続きを取ることになります。

同時廃止の場合、本人がやらなければならないのは審尋と呼ばれる裁判官との面接へ1~2回行くことです。

管財事件の場合は、破産管財人が付いて打ち合わせをしたり、債権者集会に数回出たりする必要があります。

裁判所によっては、よりコンパクトな少額管財という手続きになることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です